www.yosutebito.com

秘密の渓流

釣師にはそれぞれ他言しない自分のグラウンドがある。
秘密の渓流がある。それを「秘渓」と呼ぶのだろう。

上流へ向かう源流志向の人も、河口から海へと向かう人々も、
釣は、描いたイメージのなかで、しばし時を忘れるのがいい。

しかし、アウトドア人気の高まりと共に、なんだか違和感も覚えて、
いまではほとんど釣に行かなくなってしまった。

源流部での大物幻想はロマンとしてあるのだけれど、
其処へ行けば、ほどほどに釣れるという事を知ったら、
ニジマス・イワナで尺モノの魚影を濃くするためには、
自ら釣らない事もアリ、という考えにも至るからだ。

自慢する程の大物は少なくなったし、ほかに食べるものはある。
それでも、以前訪ねていい思いをした渓流は気になって、
何年かごとに、足を向けることがある。
また何時か、竿を流れに・・・という下見なのだ。

ここは、十勝の或る美しい渓流。
地元の釣り好きはおそらく皆知っているのだが、
ニジ大物狙いか、ヤマベ派が主流で、
妙味に欠ける、オショロコマ(ミヤベイワナ)釣りの人は少ないから、
あまり立ち入らない。
情報を寄せ集めたつり雑誌を頼りに、
遠方より訪れる釣り人のクルマも、近辺の谷では多く見かけるが、
この沢には、やはりあまり立ち入らない・・・。

そんな人影の少なさもあってかどうか、
この沢の、澄んだ激流と、渓谷の美しさは、いつ訪れても変わることはない。
イワナの潜む淵の、苔生した巨岩に腰を下ろして、
急流の水飛沫を浴びていると、頭の中にも、やがて川は流れはじめるのだ。

日高山系・大雪山系。多くの谷と川があるけれど、
いつも豊富な水流と、太古の姿のままにある美しい渓流は、
いまや限られた場所、数えるほどしかないのである。

■日々雑感 
Copyright c 2001-2012 Nakayama. All rights reserved.