www.yosutebito.com
ここがヘンだよ「ミロのヴィーナス」 


閑古鳥のモルトBARのカウンターで、ハイランドパークを味わいながら、
ハナシをしているうちに、酔いも手伝って、
なんだかノーテンキなハナシに、なってしまったのです。

季節は「芸術の秋」。
テーマは、「ここがヘンだよ。ミロのヴィーナス」
はなしは、ずっと以前に訪ねたルーヴル美術館へ飛びます。

・・・ルーヴルは今日も世界中からの観光客で賑っていることでしょう。
そして、多くの人が「モナリザ」の微笑みをガラス越しに見て
「なるほど、モナリザや」と納得することでしょう・・・。

yosutebitoも、美術館で、あれもこれもと欲張って見ようとするものですから、
広い館内ですっかり迷ってしまいました。

それでいったん観光ルートの出発点に戻り、人の流れについて行きますと、
「ミロのヴィーナス」に辿り着きました。

それで、人の輪の間から、ヴィーナスを見上げて、記念の写真を撮りました。



家に帰り、「これが、ミロのヴィーナスや」と女房に自慢話をすると、
女房は写真を見ながら「ミロのヴィーナスって何だかヘン」と言うのです。

「どこがあ、これこそ正真正銘のミロのヴィーナスやで」
「・・・だって、胸と腰とお尻の辺りが」

「えっ、どうかしたか」
「初めて見たときから、それぞれ別人のように見えるの・・・」

「ベツジン?」
「それに顔だって・・・、」
「・・・胸の形からしたら妙に老けて見えるし、」
「若々しい胸に比べて・・・、」
「ずんどうの腰とガッシリしたお尻は、どう理解したらいいの・・・」

「知るかい、そんな事。それって、どこかの教科書に書いてあったのか」
「べつに・・・、ただそう思っただけのことよ」


「なんだかヘン」という女房のひと言で、
「ミロのヴィーナス」に対する「謎」がにわかに深まりました・・・。

もし、時間がありましたら、あなたもヴィーナスをじっくり鑑賞して、
あなたの見解を聞かせてください。

あなたの見解が「ヴィーナス誕生の謎」を解明するかもしれないのです。
・・・・・


■日々雑感
Copyright c 2001-2012 Nakayama. All rights reserved.