www.yosutebito.com
「遠き昭和の・・・」

2011年春。
・・・都会の喧騒の隙間から、ふと聴こえて来た演歌に、
思わず足を止めて、すっかり聞き耳を立ててしまった。

  ♪あの人 この人 あの顔 この顔
   みんなどうして いるんだろう。
   元気でいるか 変わりはないか。

・・・そうだよなあ。


   ・・・・
  ♪遠き 昭和の まぶしい時代。

・・・そうだよなあ。
と歌詞の一字一句に思い出が重なる。

「昭和」の鎮魂歌をありがとう。
とひたすら感激して、そのまま、街のレコード店を探して、
閑古鳥の店内の片隅で即、
小林旭『遠き昭和の・・・』『小林旭ベスト・ヒット』CDを購入した。
演歌のCDを買うなんて、十何年ぶりだろうか・・・。

家に帰って、本棚の奥の奥から、
クラウンレコード『小林旭ベスト・ヒット』のLPを引っ張り出して見たら、
それは、1974年の発売であった。
俺も昭和の団塊世代なのだ。

・・・これは上野の不忍池だった。
唐十郎の「情況劇場」新作公演『ベンガルの虎』の劇中で、
小林旭歌う、『夜の阿呆鳥』が突然流れて、
 
 だれのために 泣くのか
 ひとりさすらいの 町に雨がふる

という一節が忘れられなくて、購入した事を思い出したぜ。

それにしても、ガキの頃の60年代から半世紀以上も経て、
小林旭の【新譜】『遠き昭和の・・・』は、1年前から、しずかに世間に浸透していたのだ。
たまげたなあ。

俺だって、「昭和」の人間だ。
と思ったら、このCD買いに、即レコード店まで走らないとな。

・・・「昭和」というのは、そういう時代だったな。



■日々雑感 
Copyright c 2001-2012 Nakayama. All rights reserved.