www.yosutebito.com
ベトナムでコーヒーを飲み比べる


 ホーチミン市の中心街から西へ
 タクシーで30分ほど行った問屋街は庶民の町だ。
 あても無く、何処かに好い店は無いだろうかと、
 うろついているうちに
 町の喧騒と暑さで疲れてしまった。






 そのうち、路地の奥の中庭に、
 喫茶店らしき場所を見つけた。
 出来合いの日除けパラソルを並べた庭は、
 お世辞にもオシャレとは言えなが、
 南国のきつい陽射しを避けて、
 緑に囲まれていると古ぼけた扇風機さえ
 爽やかな緑の風のように
 まことに居心地がよい。


 注文は [coffee with milk]
 普通のミルクコーヒーを注文したつもりが、
 出て来たモノは、
 お湯の入ったガラス器の中にコップを入れて、
 その上にステンレスのドリップが乗った
 見慣れない代物。
 それと熱いポットのお茶。



 一瞬。「エッ」と戸惑って、
 ドリップの蓋を開けたり閉じたり、
 どのようにして飲んで良いものやらと考えてしまった。
 ドリップのコーヒーはのんびりとしたテンポで、
 ポタリポタリと落ちている。
 ようやくドリップを除けて、コップを取り出してみると、
 コップの底にはコンデンスミルク
 がたっぷりと沈んでいる。



 かき混ぜて飲んでみると、ドロッとした濃いコーヒーが
 口の中に拡がった。
 これが何とも言えず、「ウマイ」のです。
 [too strong]だけれど、とにかく美味いのです。
 それがベトナムコーヒーとの
 初めての出会い。



 熱い「お茶」が一緒に出てくる訳も
 すぐに納得して、
 「お茶」と「コーヒー」を交互に味わいながら、
 思いがけず、出会った
 「ベトナムコーヒー」の
 絶妙な味わいに
 疲れも忘れて癒されていった。



 ドンコイ通りに帰っても、
 この「ベトナムコーヒー」の味が忘れられず、
 カフェを見つけては注文するのですが、
 観光客の多いドンコイ通りの
 「ベトナムコーヒー」の味は、
 どこも、あのドロッとした
 「感動の味」
 とは別物なのです。




 それで、次の日も、また次の日も
 午後の疲れた時間になると、
 あの「ベトナムコーヒー」
 を飲むために、タクシーへ乗った。






 ついでに申し上げますと、
 ベトナムで美味しいのは
 コーヒーだけではありません。
 例えば道端の蒸したアサリも大粒で美味。
 メコン河の恵みを受けた食べ物は
 どれもこれも、
 ニッポンの人と国が失ってしまった、
 「味」を思い出させてくれます。




■きょうも飲んだり喰ったり
Copyright c 2001-2012 Nakayama. All rights reserved.